電子書籍比較ランキングおすすめサイトはどれだ!?

電子書籍おすすめストア比較女性

今、電子書籍が熱い!おすすめサイトはどれだ!?!?

今、電子書籍業界が熱すぎて、アマゾンが電子書籍を始めて以降雨後の竹の子のように販売会社が乱立して、その数20社以上にもなっています。

これで各電子書籍ストアが競争をして電子書籍の値段が安くなれば電子書籍ユーザーとしてはありがたいのですが、現状はセールなどで安くなる場合はあるけど、ポイント還元でお茶を濁す程度です。

各電子書籍ストア揃って本当の勝負はこれから始まるんじゃないでしょうか。何社かは潰れて消えてしまうでしょうがそれが資本主義のような気がします。ただ生き残った数社の電子書籍ストアが携帯通信3社のように横一線になるのは御免こうむりたいものです。

では、電子書籍の黎明期を過ぎ競争成長期の今、電子書籍ユーザーは何をすればいいのか、またどういった視点で電子書籍ストアを選べば良いか考えていきましょう。

3月のライオン 1

3月のライオン 1

どの電子書籍ストアを比較して選ぶのか

電子書籍の会社は、アマゾンキンドル・eBookJapan・BookLive・honto・電子貸本Renta!・コミックシーモア・BOOK☆WALKER・DMM・Yahoo!ブックストア・iBookStore・楽天Kobo・紀伊國屋書店・ひかりTVブック・マガストア・雑誌のFujisan.co.jp・電子書店パピレス・Neowing電子書籍ストア・セブンネットショッピング・【コンテン堂】と、ザッと上げただけでも20社を超えます。小さい同人誌的なものまで含めるともっと増えてゆくでしょう。

もちろん各電子書籍ストアのメリット・デメリットいろいろありますがこれだけの会社があれば比較して選ぶのにとにかく苦労します。電子書籍おすすめはどれか、自分の欲しいカテゴリーが何なのか、小説なのか、雑誌なのか、漫画なのか、専門書なのか、それによって決めるしかないのが現状ですが、わかっていても電子書籍ストアの何を基準にするのか、値段だけで優劣を決めていいのかもわかりません。

生き残る電子書籍ストアは、今後取り扱い電子書籍数など規模を拡大してゆくはずなので、読み放題と専門書以外の通常購入電子書籍の取り扱いタイトルはどの会社も、同じになってゆくと考えられます。

自分の生活環境に合わせて他業態サービスと組み合わせる

最近は定額制動画配信サービスがあり、そのプラットフォームが雑誌読み放題と抱き合わせになっているパターンや音楽聴き放題サービスと抱き合わせになっているパターンなどがあります。

そういった点を考え合わせると、各電子書籍ストアのタイトルが同じになるなら、他のサービスとうまく併用して小説・漫画、雑誌から映画・ドラマ・音楽まですべてカバーできるように組み合わせることで、価格もお得に生活をより潤いに満ちたものにできるのではないでしょうか。

電子書籍おすすめストア比較女性

電子書籍おすすめストア比較

では、ここで電子書籍ストアの中から有名なところを比較・チェックしていきましょう。各社いろいろ特色があるのですが、やはり使い勝手と得意なジャンル・決済方法を比較するのが選ぶポイントが明確になって良いのではないでしょうか。

eBookJapan(イーブックジャパン)イーブックジャパン

eBookJapan(イーブックジャパン)

  • マンガの品揃えなら世界最大級!
  • 電子書籍数は充実の51万冊以上!
  • パソコン・スマホ・タブレットに対応!
  • クラウド上に無料のマイ本棚を作成できる!
  • 購入した電子書籍は無期限で読める!

イーブックスジャパンはヤフーグループの株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍書店で、51万冊以上の電子書籍を取り扱っています。

特に充実している電子書籍はコミックで、その品揃えは業界最大級。手塚治虫作品をはじめとする名作から人気の少年マンガ・少女マンガ、もちろん毎週発売される最新のマンガ雑誌も読むことができます。

マンガ以外の電子書籍もライトノベルからキッズ向け電子書籍から、ビジネス書まで豊富に揃っており、しかも一度購入した本はクラウド上の自分専用本棚から無期限で読むことが可能。書籍の保存場所や有効期限を気にする必要はありません。

購入した電子書籍を読む方法は二つ。まず、パソコンやスマホ、タブレットにそれぞれ対応した専用のリーダーを使うことで、オフラインでも快適に読書をすることができます。またネット環境とブラウザがあれば、専用リーダーをインストールしなくても電子書籍を読める「ブラウザ”楽読み”」サービスも用意されています。

電子書籍公式サイトへ

Book Live!(ブックライブ)

Book Live!(ブックライブ)

  • 約29万タイトル、56万冊の電子書籍を配信!
  • 無料で読める電子書籍も9000冊以上!
  • 専用端末はもちろん、ブラウザでも読める!
  • お得なセールやキャンペーンを每日開催!
  • Tポイントが貯まる、使える!

BookLive!は凸版印刷グループが提供する日本最大級の電子書籍配信サービスで、約29万タイトル56万冊という大規模な品揃えが魅力です。無料の試し読みに加えて9000冊の無料電子書籍も用意されているので、まずはお金をかけずに楽しむことができます。

特に得意なジャンルは少年マンガ・少女マンガとライトノベル。新しいタイトルを每日更新しているので飽きることがありません。

購入した電子書籍はPC・スマホ・タブレットなど端末の種類を問わず、ブラウザで読むことができます。また電子書籍専用のBookLove!Readerアプリを使えば便利な機能を使えるだけでなく、オフラインでも快適に電子書籍の読書ができます。

決済ごとに会員ランクに応じてボーナスポイント(Tポイント)を獲得できるほか、各種キャンペーンでもTポイントを獲得できます。もちろん貯まったTポイントを電子書籍の購入に使うことも可能。TSUTAYAの店頭で対象商品を購入すると関連する電子書籍やデジタル特典を無料で読むことができるTSUTAYAデジタルサービスも利用できます。

電子書籍公式サイトへ

Renta!(レンタ)

Renta!

  • 手軽な料金で電子書籍をレンタルできる!
  • すべての電子書籍に無料サンプル付き!
  • 無料読み放題のマンガが200作品以上!
  • アクセスするだけで貯まるお得なスタンプ!
  • ブラウザで読めるので専用アプリが不要!

Renta!は株式会社パピレスが運営する電子書籍のレンタルサービス。特に国内作品から海外作品、名作から新作まで、幅広いジャンルでマンガ作品が豊富に揃っています。

有料作品のレンタルはすべてチケット制で、1チケット(=100円)〜3チケットで手軽にレンタル可能。レンタル期間は「48時間」と「無期限」のどちらかを選択できるので、それぞれの好みや読書スタイルに合わせて利用することができます。しかもすべての作品に無料サンプルが付いているので安心!

無料作品が充実しているのもRenta!の大きな魅力。会員登録なしで電子書籍が読める「だれでも無料」や無料会員に登録することで読める「会員限定無料」、おまけに無料の連載作品まで用意されています。無料作品は毎週変わるので、飽きることがありませんね。

Renta!でレンタルできる電子書籍はマンガだけではありません。他にも小説や実用書、雑誌、写真集、さらに動画作品まで品揃えが豊富。どんな方にもオススメできるサービスです。

電子書籍公式サイトへ

コミックシーモア

コミックシーモア

  • 毎月1000万人が利用する人気サイト!
  • 取り扱い中の電子コミックは37万冊以上!
  • 無料で読める電子コミックも1300冊!
  • 支払い方法は充実の10通り!
  • 国内最大級コミックレビューサイトと連携!

コミックシーモアはNTTグループが運営する電子書籍コミック専門ストア。10年以上運営されている実績と、圧倒的な電子書籍コミックの品揃えが支持されていて、いまでは月間利用者数が1000万人という超人気電子書籍ストアです。

ラインナップは大手出版社のメジャー作品から、ファンの多いボーイズラブ作品、知る人ぞ知る名作まで非常に広範囲。もちろんマンガだけでなく、ライトノベルをはじめ小説や実用書の電子書籍も揃っています。

支払い方法は、各種クレジットカードや携帯電話による決済、Edyなどのウェブマネー、楽天やYahoo!のアカウントによる決済など、利用者の都合に合わせて10種類から選べるのでとても便利。貯まったポイントを1pt=1円で使うこともできますよ。

コミックシーモアの公式サイトは国内最大級のコミックレビューサイト・シーモアレビューと連携しているので、購入する前にみんなの評判を確かめることも可能。これなら安心して電子書籍コミックを選べますね。

電子書籍公式サイトへ

honto電子書籍ストア

hont

  • 大手書店と連携したハイブリッド型電子書籍ストア!
  • 電子書籍だけでなく紙の本も通販可能!
  • サイトと店頭で共通ポイントが使える!
  • 有名作家などがおすすめの本を紹介!
  • 紙の本を買うと、電子書籍が50%オフ!

hontoは、丸善・ジュンク堂・文教堂といった大型書店と連携しているハイブリッド型電子書籍ストア。電子書籍を売るだけでなく、紙の本を購入することもできるので「ハイブリッド」なんです。サイトからは提携書店の店頭にある本を検索することもでき、丸善とジュンク堂ならお店で取り置きしてもらうことも可能。

もちろん、サイトで電子書籍を購入する際も店頭で紙の本を購入する際も、共通ポイントを貯めたり使ったりできるのでとっても便利。しかも紙で買った本と同じタイトルの電子書籍なら、50%オフで購入することもできるのでいろいろなスタイルで読書を楽しめます。

hontoのもうひとつの特徴は、ブックキュレーターが独自のテーマで選んだ数千の本を、利用者の気分や関心に合わせてオススメしてくれる「hontoブックツリー」。ブックキュレーターの中には有名作家もいるので、本好きにとってはたまらないサービスといえそうですね。

電子書籍公式サイトへ

電子書店パピレス

電子書店パピレス

  • 品揃えは小説、実用書、ビジネス書が中心!
  • お得な無料メルマガを毎週配信!
  • 購入した電子書籍はブラウザだけで読める!
  • ポイントが貯まるキャンペーンを開催!
  • 貯まったポイントはRenta!でも使える!

電子書店パピレスは、電子書籍のレンタルサイトRenta!と同じ株式会社パピレスが運営している電子書籍ストアです。Renta!がコミック中心なのに対して、こちらの中心ラインナップは小説や実用書、ビジネス書といった文字コンテンツの電子書籍が中心です。といっても、エンターテイメント作品から趣味の雑誌まで幅広いジャンルからの品揃えです。

電子書店パピレスはポイント制なので、電子書籍を購入する際は、まずポイントを購入します。購入方法はクレジットカード決済をはじめ、携帯電話会社(au・ソフトバンク)の決済、Yahoo!ウォレット、WebMoney、インターネットサービスプロバイダ(ニフティ・BIGLOBE・OCN)の決済など、バラエティが豊かで便利。

また、一度に3000ポイント以上購入するとボーナスポイントがもらえたり、毎週配信されるメルマガでポイントプレゼントのお知らせがあったりと、とてもお得なシステムの電子書籍ストアになっています。

電子書籍公式サイトへ

雑誌読み放題サービスも選べる!【ひかりTVブック月額プラン】

ひかりTVブック

  • テレビの大画面で電子書籍を読める!
  • 購入もリモコン操作で簡単!
  • カラーコミックなど32万冊以上の品揃え!
  • ひかりTVやぷららのポイントも使える!
  • 月額486円の雑誌読み放題サービスも!

ひかりTVブックはNTTぷららが運営する電子書籍ストア。だから購入の際には、ひかりTVやインターネットプロバイダのぷららで貯めたポイントが使えます。

特にひかりTVを契約している人なら、ひかりTVのトップ画面からリモコン操作のみで電子書籍を購入したり、購入した電子書籍をテレビで読んだりできるのでとてもお得。テレビの大画面ならコミックやグラビアなどを大迫力で楽しめますし、音声付きの電子書籍(絵本など)ならテレビで読み聞かせもできます。

もちろんWindowsパソコンやタブレットで電子書籍を購入したり読んだりすることもできるので、ひかりTV契約者以外の人でも利用可能です。

ラインナップは、コミック・書籍・写真集など32万冊以上。児童向けの絵本から成人向けコミック、ビジネス書まで幅広いジャンルの電子書籍が揃っています。さらに月々486円で506誌1250冊以上のバラエティ豊かな雑誌が読み放題になる、電子書籍雑誌読み放題サービスも用意されていますよ。

電子書籍公式サイトへ

電子書籍ストアBOOK☆WALKER

bookwalker

  • 購入した本を自由にレイアウトできる!
  • 規格外のイラストも大迫力で表示!
  • スペシャル版の電子書籍ならオマケ付き!
  • 他店で買った電子書籍もまとめられる!
  • 期間限定の無料書籍やキャンペーンも豊富!

BOOK☆WALKERは角川グループ直営の電子書籍ストアだから安心感がバツグン。紙の書籍より早いBOOK☆WALKERならではの先行配信電子書籍があるのもポイント大です。

BOOK☆WALKERの大きな特徴はなんといっても専用のアプリ。購入した電子書籍を自分好みのレイアウトで並べたり「本棚」をオリジナルデザインに着せ替えることで、自分だけの読書空間が作れます。

また自由に拡大縮小できる迫力のイラストのおかげで、ほかの電子書籍では味わえないリッチな読書体験も可能です。他の電子書籍ストア(ニコニコ静画やBookLive!など)で購入した電子書籍も一緒にまとめておけるので、複数のストアを利用している人にとっても便利ですね。

また、特別冊子やゲームのアイテム、着せ替え本棚などをダウンロードできるスペシャル版の電子書籍を揃えているのもBOOK☆WALKERだけ!会員登録とアプリのダウンロードは無料なので、まずは期間限定の無料電子書籍から読んでみてはいかがでしょうか?

電子書籍公式サイトへ

電子書籍サイト【ConTenDo|コンテン堂】

コンテン堂

  • 玄人向けの専門書もラインナップ!
  • デジタルならではの珍しい作品も多数!
  • オリジナルテーマの特集が豊富!
  • ジャケ買いしたくなるレイアウト!
  • 購入書籍をオフラインでも読める!

コンテン堂はデジタルコンテンツの製作・配信専門会社、アイプレスジャパンが運営する電子書籍ストアです。一般的な文芸書やビジネス書、コミックなども揃っていますが、なんといっても「フリークな/玄人向け」専門書をラインナップしているのが特徴。他の電子書籍ストアではまずお目にかかれない電子書籍が揃っています。

また、取り扱っているのは電子書籍だけじゃありません。「音が出る絵本」のような、見ても聴いても楽しいデジタルならではの作品も豊富です。

サイトのレイアウトも、電子書籍の「表紙が一番魅力的に見えるように」デザインされているそうで、確かにおもわずジャケ買いしたくなるような電子書籍ばかり。他の電子書籍ストアを圧倒するほどたくさんの「特集」も魅力的です。

購入した電子書籍は利用者の端末に自動でダウンロードされるので、オフラインで読むことが可能。電波の入り具合を気にする必要がないので、気軽に読書に集中できますね。

電子書籍公式サイトへ

どのサービス組み合わせれば最強か!?

まず自分で必要なサービスは何であるのか把握する必要があります。定額サービスを契約したのはいいけどほとんど使わない状態で毎月お金だけ払ってしまうのは、トレーニングジムにお金だけ払っていかなくなるのと同様とてももったいないことです。

メディアサービス

電子書籍を含め主要なメディアサービスは上記の4サービスになります。すべてのサービスに○○放題の定額制が導入されています。この中で電子書籍(文芸・実用書・コミック・漫画等)の読み放題サービスがまだまだしょぼい気がします。くわしいことは後述しますが、簡単に言うと『タイトルが古い』ことです。ビジネス書などは名著と呼ばれるもの以外は時代が過ぎればタダの紙クズです。名著と呼ばれる本はほぼ読み放題にはなっていません。

目的別サービスの組み合わせ

小説・ビジネス書・実用書・専門書をだけを読む人

小説・ビジネス書・実用書・専門書をだけをガッツリ読んで、まんが・雑誌は読まない方で、書籍を単体で購入を考えている方は、どの電子書籍会社も値段はほぼ同じ(セール本除く)なのでどの会社を選んでも問題ありませんです。

ただ、ガッツリおすすめ電子書籍を読むので読み放題がいいなとなった場合、選ぶ電子書籍会社が非常に狭くなってきます。

現在、雑誌の読み放題を提供している電子書籍会社・動画配信会社は腐るほどあるのですが、小説・ビジネス書・実用書・専門書など全ジャンルを読み放題できる電子書籍会社は、アマゾンのKindle UnlimitedとKDDIのブックパスしかありません。

背中ブツブツ
脇の臭いを消すクリーム
バストアップサプリ口コミ
ファイナンシャルプランナー資格取得試験
脂肪肝改善サプリ


PAGE TOP